進撃 の 巨人 タイトル 回収。 【進撃の巨人】未回収の伏線まとめ【2020年最新版】|マンガタリ

【進撃の巨人】未回収の伏線まとめ【2020年最新版】|マンガタリ

の 回収 タイトル 進撃 巨人

フリッツ家は145代フリッツ王のときにパラディ島に逃げ込んだ(そのときの西暦が743年)• 調査兵団の作戦によって捕まってしまいました。 タイトル「二千年後の君へ」 まずはこれが挙げられるかなと思っているのですが、これは一番と言えるほど大きな謎になりますよね!「進撃の巨人 1話 タイトル」と検索すれば出ますが、「二千年」の意味が論理的に説明されています。

13
ナガトが見つけたものをざっと紹介していきます。

【進撃の巨人】未回収の伏線まとめ【2020年最新版】|マンガタリ

の 回収 タイトル 進撃 巨人

145代フリッツ王が壁に逃げ込んでから102年後の出来事なので、 エレンが始祖の巨人の力を継承したのは、始祖の巨人誕生から1987年後ということになります。 作中では名言されていないものの、ここまでの材料が揃ってしまうと、この伏線に関してはこの説がほぼ確実かなと思います。 そのジークの元に謎の巨人が近づき、腹を割いて中にジークを入れます。

12
ただ、 結晶を破壊する方法は作中で明らかになっています。 これがいったいなにを表しているのかと言うと、「 エレンが未来の記憶を継承しているのではないか??」と思っています。

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

の 回収 タイトル 進撃 巨人

ただ、ギリギリのところで自身を結晶化し、一切の手出しができない状態となっているので、拷問も巨人の力の継承も行われず、地下に幽閉されたままとなっています。

6
「二千年後の君へ」の意味を理解するのに必要な情報• ポルコがアニのことを救出してアニが戦いに加わるのか、それともアニの女型の巨人の力が誰かに継承されるのか、どういう展開になるのか非常に気になるところであります。 この段階でミカサやアルミンはまだ生まれていません。

【進撃の巨人】未回収の伏線まとめ【2020年最新版】|マンガタリ

の 回収 タイトル 進撃 巨人

起こされたエレンはミカサのことを見て「ミカサお前髪が伸びてないか?」と発言します。 フリッツ家の145代目の王カール・フリッツがパラディ島にやってきて、壁を築いたのが 「今から107年前」とナガトは考えていますが、 「今」というのは1巻3話「解散式の夜」あたりになります。

18
こうやって見ると、昔描かれた伏線はけっこう回収されており、未回収の伏線は割と少ないですね。 が、116話で「エレンがミカサのことを言葉で傷つけた」という話をアルミンから聞いたジャンは「そこに奴の真意があるんじゃないのか?」と発言していました。

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

の 回収 タイトル 進撃 巨人

高評価・コメント・チャンネル登録していただけると泣いて喜びます!!. 現在ポルコ・ガリアードが継承している顎の巨人の牙の力で結晶を破壊することができます。 ここで「あれ??」と思いませんか??そうなんです、 1987に13を足すと2000という数字が浮かび上がります。

12
すると、 ジークは謎の場所で謎の少女に介抱される。

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

の 回収 タイトル 進撃 巨人

エレンの真意 現在エレンは調査兵団ではなく、ジークについています。 九つの巨人の継承者は、を通じて過去の継承者の記憶を知ることが明らかになっていますが、「未来の記憶も継承できる」ということは明らかになっていません。

3
少女の正体は不明ですが、 「土から体を作る」という異次元の能力をもっていることから巨人の始祖であるユミル・フリッツかなと思っています。 そのセリフが描かれる前、 エレンが夢を見ているような描写が描かれるのですが、そこにミカサらしき女性が登場しています。