平成33年度は令和何年。 明治、大正、昭和、平成、令和はそれぞれ何年から何年まで?それぞれ何年間続いた?大正が短い理由と簡単な計算方法も一緒に解説!

令和元年は平成併記が正式?いつまでが平成31年度?入学卒業で困惑する人必見!

平成33年度は令和何年

「元号」とは? 読み方は 「げんごう」です。 特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。 「元年」とは? 読み方は 「がんねん」です。 元号が改まった最初の年や、天皇即位の最初の年という意味があります。 「年度」とは? 年度とは、 特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である 「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした 「学校年度」です。 会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。 一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。 たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。 ここでは、一般的な「年度」である4月1日から3月31日までの区切りで考えて行きます。 令和元年度はいつからいつまで? 昭和から平成に改元された時を思い出してみましょう。 昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、翌日1月8日から元号は「平成」となりました。 この時は、 昭和63年(1988年)4月1日~平成元年(1989年)3月31日が「昭和63年度」でした。 そして、 平成元年(1989年)4月1日~平成2年(1990年)3月31日が「平成元年度」となりました。 ですので、 昭和64年度は存在しませんでした。 さらに一つ前の、 大正から昭和に改元された時はどうだったのでしょう? 大正15年(1926年)12月25日に「昭和」に改元されたので、「昭和元年」は12月25日~12月31日の一週間だけでした。 この時は、 大正15年(1926年)4月1日から、改元され12月25日に昭和元年(1926年)となり、さらに新年になり昭和2年(1927年)を迎え、3月31日までが「大正15年度」でした。 そして 昭和2年(1927年)4月1日から昭和3年(1928年)3月31日までが「昭和2年度」となりました。 ですので、 昭和元年度は存在しませんでした。 このように、 4月1日時点での元号の年が、その後、途中で改元があってもそのまま年度として3月31日まで使われるということがわかります。 この考え方を踏まえて考えると、令和へ改元されるのは5月1日ですので、 4月1日時点では平成31年です。 よって、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までは「平成31年度」となり、 令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日までは「令和2年度」となるため 「令和元年度は存在しない」となります。 令和元年度は存在する しかし今回は、政府が以下のように発表しました。 「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて『令和元年度』とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては『令和元年度予算』と表示するものとする」 これは、国が行う 「会計年度」に限って「令和元年度」とするということです。 つまりどういうことかというと、平成31年(2019年)3月に成立した「平成31年度予算」は、4月30日までは「平成31年度予算」と呼ばれますが、令和元年(2019年)5月1日からは「令和元年度予算」になります。 「令和元年度予算」の期間は平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日ですから、改元日の一ヶ月前に遡った期間も「令和元年度」に含まれます。 簡単に説明すると、 「改元日は5月1日なので年度の呼び方はこの日から変わりますが、令和元年度という期間が始まるのは4月1日から」ということになります。 このように国が行う 「会計年度」に限っては平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが「令和元年度」となります。 年度に関して明確なルール、法律などはありませんので、国の予算に関すること以外は組織や団体の判断に任せるようですが、国に合わせて「令和元年度」にすることが一般的だと考えられます。 平成31年度はいつからいつまで? これまでと同じように考えれば、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが 「平成31年度」となりますが、 政府の発表にほかの組織や団体が従うと考えると 「平成31年度」は存在せず「令和元年度」となります。 「令和元年度」と「平成31年度」どちらが正しい? しかし、「平成31年度」と「令和元年度」を併記したり、新年度の始まりの元号を優先して「平成31年度」を用いることもなんの問題もありませんので、 組織や団体によっては「平成31年度」を用いることがあるかもしれません。 少々ややこしいように見えますが、「平成31年度」は「平成が一ヶ月間だけ」と考えると、「令和元年度」にしたほうがしっくりくるような気がしませんか? とはいうものの、政府の発表があったからといって「すべてにおいて令和元年度にしなければならない!」というわけではありませんので、「令和元年度」と「平成31年度」が混在することは理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。 どちらも正しく、どちらを使っても良いのです。 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の

明治、大正、昭和、平成、令和はそれぞれ何年から何年まで?それぞれ何年間続いた?大正が短い理由と簡単な計算方法も一緒に解説!

平成33年度は令和何年

令和って万葉集から来ているんだって。 これは日本の元号が始まって以来初の事ですごいことなんだあ。 日本の元号って中国から来ているんだ。 中国って漢文とかあるよね、その漢文由来の二文字の言葉を探して元号としてたんだよ。 でも万葉集って日本の書物で奈良時代末期に成立した日本最古の和歌集なんだ。 しかも和歌は全て漢字で書かれているんだ。 だから、元号を持ってくるときにはちょうどよかったんだろうね。 令和はまだ始まってまもないけど西暦が共通に使われるようになってきているとはいえ、 日本に住んでいる限り就職や進学、会社などで使うことはおおいだろうし、ちゃんと覚えておいたほうがいいことは多いはず。 四の五の言わずに、西暦からレイワと令和で覚えちゃった方がいいよ。 あと、元号ってそもそも天皇が変わると変更されるってイメージがあるけど, これ間違いね。 もしそうだとすると、例えば、江戸時代があるから江戸天皇とかいることになるけど聞いたことないよね。 天皇が即位されると変更される場合もあるけど、基本的には時代の変わり目に元号は変わるんだ。 明確な定義はないけど、近年では明治とか大正とか昭和とか天皇が即位されたときに代わることが多かったってこと。 大体これは70年とか50年とかその辺だから時代が大きく変わるくらいの時間なんだ。 だから何がいいたいのかというと、 要は元号ってのは時代の節目だからそこからまた時代が変わるんだーなんて考えて生活の中に溶け込んでいかせたらいいなって思います。 今日は令和何年?について 現在は令和2年ですが、あの年は平成何年だったか思い出してみましょう。 なので各年毎の超ビックニュースを時系列でならべてみました。 これを見れば一目瞭然にいまのイメージがわくはずです。 平成01年 ソ連軍のアフガニスタン撤退が完了 平成02年 日本人初の宇宙飛行。 秋山豊寛さんがソユーズTM11に 平成03年 湾岸戦争勃発 平成04年 貴花田と宮沢りえさん婚約 平成05年 ビル・クリントン、アメリカ合衆国大統領に就任 平成06年 長嶋巨人日本一 平成07年 地下鉄サリン事件 平成08年 任天堂が「NINTENDO64」を発売開始 平成09年 ダイアナ元英皇太子妃、パリで事故死 平成10年 『七人の侍』や『用心棒』などで知られる映画監督の黒澤明が死去 平成11年 嵐が、ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビューの記者会見を行う。 平成12年 サザンオールスターズ、「TSUNAMI」発売。 CDシングル歴代売り上げ1位 今日の日が平成何年だったかの意味.

次の

令和3年は西暦2021年です|令和何年は西暦何年

平成33年度は令和何年

その例に倣うと、 4月1日時点で平成31年であったので 「平成31年度」が正解となります。 ただ、やっぱり違和感がって声が出たりすれば変更もあるかもしれません。 それに正直なところ、国の公文書とかでない限りは従う必要もない… そもそも、決まり事を作っただけで法で明文化されているわけではないので臨機応変に変わるのではと予想します。 なので、「平成31年度」「令和元年度」どちらでも好きな呼び方でOKではないかと… 実際のところ 「平成31年度」「令和元年度」併記するという方法が一番スムーズではないでしょうか。 4月3日追記 政府は5月1日以降は「令和元年度予算案」というように表記すると発表しました。 やはり令和元年期間が長いからこの様な判断になったのかもしれません。 すでに平成表記の法令などを改正する予定はないなど、それぞれで臨機応変に対応するという事の様です。 政府がこの方針を打ち出したことで、令和元年度を使う組織や団体増えそうです。 なので この改元では「令和元年度」が正解という事ですね。 平成31年など平成表記はどうするの? でも厳密に明文化されて規定されているわけではないので、平成31年度も間違いではありません。 ただ 混乱を避けるために訂正印を押すなど臨機応変に対応していくとの事ですよ。 まだしばらくはその時々で確認しながらという事になりそうです。 過去の改元ではどうだったの? 過去の改元を見てみると、平成は1月7日からだったのでスムーズに平成元年4月1日からが平成元年度となりました。 なので 6日間しかなかった昭和64年度は存在しません。 では大正から昭和はどうだったのでしょう。 昭和元年って実は7日間しかないんです。 大正天皇が崩御されて昭和となったのが12月25日なんですね。 という事で、 昭和になった最初の4月1日はすでに昭和2年で、昭和は2年度からスタートしています。 まぁその年度が始まる4月1日時点の年号と決まり事をしたのは平成に改元された時なので、このとき明確な規定はなかったんですけどね。 でも卒業証書とかで考えると違和感ありますよね。 大正15年度の卒業証書なのに、卒業年月が昭和2年3月〇日とかになるわけで、あれ?昭和元年はどこ~~~?!となります(笑) 明確な規定がなかったこともあり、 大正15年度(昭和元年度)というように併記された例もあるようです。 西暦2030-2018=令和12年 令和元年が2019年なので2018を引けばいいんです。 今はそんなの当たり前って思うかもしれませんが、何年もしたら2018年(厳密には2019年4月)までが平成だったか記憶なんてあいまいになるかもしれません。 そんな時、令和に決まって「R18」がトレンドに入ったみたいに、このマジックワードを覚えておけばOKってわけです。 ちょうど 20 18の「18」とR「 18」ですね。 まとめ 平成に改元されたときに決めた決まり事に則ると、令和元年度というよりは平成31年度というのが正解! だけど、期間を考えると令和元年の期間が8カ月、1月からも令和…である事を考えると「令和元年度」の方がしっくり来る気はします。 法令で定められた決まり事ではないので今後臨機応変に変わるor発行する媒体によって自由に選んだり、併記するようなことになるのではないかと予想します。 そして話題になっている「R」か「L」か問題も、順当にいけば「R」で決まりかなと思いますね(笑).

次の