アドレノクロム副作用。 2020.6.21|中条|note

トルコがアドレノクロムを公共放送で報道!小児性愛犯罪を主導する闇勢力ディープステートに徹底抗戦!日本のアドレノクロム市場は大きい「白兎を追え」 | 地球人類の光と闇

アドレノクロム副作用

【注意】今回は非常にショッキングな内容となっております。 精神的にそう言う内容に耐性のない方はこの記事を読まれない事をおすすめします。 私、ヤフーブログが閉鎖する事になってアメブロに引っ越してきたのですが、その当初は自分のブログをいじる程度にしか使っていませんでした。 で、つい先日検索窓を使って『大日月地神示』と入れてみたんです。 すると出るわ出るわ素敵な記事が。 今後、アメブロはそう言う使い方をする事にしましたw とは言え、自身でブログ記事としてスピな事は書かないですけどね。 書いたところで3次情報くらいになっちゃいますし、そうなると当然新鮮味も薄いですから。 前置きはこのくらいにして、早速本題に移りたいと思います。 今回のネタはアメブロで見つけた記事を元に書きますね。 所謂陰謀論系の話です。 その記事を読んで初めて知ったのですが、アドレナクロームと言うものがあるのだそうです。 ちょっとググって調べてみたのですけど、これがまたとんでもない代物なんですよ。 ググって調べた記事から要約して紹介しますね。 アドレナクロームは、血中のアドレナリンの酸化によって形成される化合物。 最も一般的には幼児の松果体から収穫されます。 抽出が難しい為、結果として非常に独占的な物となっているのだとか。 幼児の松果体から収穫と言っていますが、それだけではありません。 例えば、機能性低血糖症の人は、体内でエネルギーショックを和らげるためにアドレナリンを分泌して血糖レベルを正常値に引き上げようとするのですが、このアドレナリンが過剰分泌され、酸化したものがアドレナクロームになる事でも知られているそうです。 ちなみに、砂糖の過剰摂取は低血糖症になりやすいのだとか。 アドレナクロームはその性質上、拷問や犠牲によって収穫される必要があるのだそうです。 何故なら、この物質は大きな強迫観念や危険の時に血流に放出されるアドレナリンに由来しているからなのだとか。 このアドレナクロームは摂取した者に麻薬のような恍惚感を与えて興奮させるのだそうです。 それもそのはずで、アドレナクロームは麻薬のメスカリンの薬効成分と同じ物質だと言われているのだとか アドレナクロームは神経毒性、精神分裂性物質及び、統合失調症など他の精神疾患の原因になっているとも言われています。 ここまで読むと分かると思いますが、アドレナクロームとは脳内で形成される脳内麻薬の一種、と考えていいと思います。 しかも厄介なのは、抽出するには幼児や子供達に虐待や拷問を行わねば発生しないと言う事と、松果体で作られるため、抽出するためには対象となった子供達は犠牲にならなければいけないと言う事。 とても残虐で信じられないので、ただのホラーな妄想であって欲しいと願うばかりです。 陰謀論のひとつに、世界の特権階級のエリート達が秘密裏に子供達を誘拐して生贄に捧げ、その血肉を食らっているのだと言うものがありました。 その理由こそがこのアドレナクロームの摂取だとされているのです。 彼らの寿命を伸ばすためだけに、罪のない大勢の子供達が犠牲になっている。 本当だとしたらとても恐ろしい話です。 で、このアドレナクロームについて、とあるお金持ちがフェイスブックに堂々と記載していたとの事。 その人物こそ、フェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグ氏その人だったのです。 しかし、アドレナクロームの接種は私がこれまでにしたどんな行為よりも楽しい」 と、書かれているそうです。 小さな参加者からのアドレナクロームの抽出を観察するのは中々挑戦的だと……戦慄が走りますよね。 性的な会合と言うのも暗示的です。 普通、こう言う闇の儀式とか口外厳禁だと思うのですけどね。 そう考えると、何か裏があるような気がしないでもないのですが……(汗)。 今回はショッキングな内容になってしまい申し訳ありません。 読んで気分を害した人がいたらごめんなさい。

次の

世紀末!世界で一体何が起こっているか?

アドレノクロム副作用

絶対検索してはいけないワード ・アドレノクロム エリートのスーパードラッグらしい…。 若さを保つ、幸福感。 のように幻覚や強い中毒性。 こんな物を摂取するエリートと呼ばれる者達。 和光純薬が販売。 またもや安倍友『』ですか。 製造は中国らしいが…闇が深い。 — Hiro2018 white71111 え?知らなかった? 僕も知りませんでした。 セレブのスーパードラッグみたいです。 依存度マックスレベルで、なんと1gで20万もするらしいです。 赤子の血から取れるDMTが原料だとか。 DMTって違法薬物ではないと思うんですよね。 だって血に入ってるし自然界に存在するしね。 という。 独り言です。 2020年3月3日に『雑草で酔う』の著者である青井硝子さんが、違反幇助容疑で警に逮捕されました。 この事件について同書籍の担当編集者である私の見解を述べます。

次の

アドレノクロムとコロナウィルスとの関係(仮説)

アドレノクロム副作用

Contents• トルコの国営放送 こちらを放送したのはトルコ国営放送のTRTです。 TRTの前身は1926年にイスタンブールにて開局したトルコラジオで、 1950年設立の欧州放送連合の23社の創立メンバーでもありました。 1964年にテレビ放送を実施するためにTRTが発足したということです。 つまり、非常に伝統のあるトルコの国営放送なわけです。 こちらがこのアドレノクロム にまつわる 悪魔崇拝者の行為を放送したからすごいことなんです。 もはやこれは都市伝説ではなくなったと言えると思います。 この国営放送の動画はYoutubeに出ているのでリンクを貼っておきますね。 アドレノクロム とは? アドレノクロム の構造式はこんな感じで、実際に存在する成分です。 とわざわざ書いてあります。 他の製造方法があることを匂わしていますよね。 アドレノクロム は構造式がウサギに似ていることから白ウサギとも言われています。 闇の組織であるイルミナティー側の組織である企業のキャラクターやロゴには 彼らが愛用するアドレノクロム を象徴する、白ウサギをモチーフにすることが多いです。 献血のマスコットとか、プレイボーイ、マクドナルドのロゴもウサギの耳に見えなくもないですね。 子供の松果体から抽出 このアドレノクロム がなぜ問題視されるかというと、 子供の松果体から抽出するからです。 セレブたちが若返りのスーパードラッグとして愛用しているアドレノクロム は、 苦痛と恐怖を与えられた子供の松果体から分泌され、 アドレナリンの酸化によってによって合成される成分です。 一度味わったら止められないほど強力なドラッグと言われています。 アドレノクロム はブラックマーケットにおいて、何億ドルという高値で取引されています。 そのため米国だけで毎年80万人の子供が行方不明になっています。 この抽出方法は残忍で、子供の目に針を刺し、脳幹から抽出するということです。 若返りと不老不死 アドレノクロム は若返りや長寿、して不老不死に効果があると言われ、 いつまでも若さを保っているセレブはアドレノクロム のせいではないかと言われています。 摂取すると副作用として、目の周りにアザが出来やすいということが 言われていて実際に目の周りにアザが出来ている著名人がたくさんいらっしゃいますね。 ブッシュ大統領やローマ法王まで。 トランプが大統領になってこの悪魔崇拝者たちのアドレノクロム の使用を止めさせた ということがよく言われていますが。 アドレノクロム の使用が出来なくなったセレブはみんな老けてしまった ということも言われています。 ベッカムなんかもこの通り。 えらく老けました。 セリーヌディオンもこの通りです。 人身売買 アドレノクロム を集めるために、子供たちが誘拐されて地下施設に隔離されていると言われています。 これは有名な政治家やハリウッドスターなども関与していて、ディープステートが関わっているんです。 トランプ大統領がTwitterで呟いた、オバマゲート。 これが日本でもトレンドになりましたがそのオバマゲートの一つが人身売買です。 ヒラリー・クリントンが配置での人身売買に関わっていたとして起訴されています。 クリントン財団は人身売買の組織だったと。 トランプは救世主? 今回の新型コロナウイルスに関しては、風邪くらいの害しかなく、 このパンデミックは計画されたプランデミックだという方もたくさんいるのですが、 この裏でトランプ大統領が誘拐された子供達の救出作戦を実行していると。 救出作戦には、人工地震や超先端技術が使われているとも言われていますが、 東京や千葉で地震が多発しているのは何か関係があるのでしょうか? ちなみに夢の国は、子供たちが集まるので誘拐や監禁が頻繁に行われていると言われています。 中国では年間20万人の子供が行方不明。 日本でも14000人、アメリカでは80万人。 有名な天才画家バンクシーのこの絵も、意味深ですね。 ウサギのマークで有名なブランドプレイボーイの創業者、ヒューヘフナーの大豪邸が掘り起こされている写真が公開されました。 これらは全て、都市伝説や陰謀論として報じられてきましたが、 今回トルコの国営放送がこのことをテレビで暴露したことは、 もはや都市伝説や陰謀論の領域を超えて、真実味が出てきたのではないかと思います。 自分は、ディープステートでもQアノンでもないので、一般人として情報を調べて検証することしかできませんが、そんなふうに自ら調べて考える人間がこれからの新世界を作っていくのだと思います。 本日もご視聴ありがとうございました.

次の