サラバ ユニオン。 退職代行SARABA(サラバ)の評判・評価・口コミ・リアルな体験談・利用者の感想と実体験

【体験談レポート】退職代行SARABAを使ってみた実体験を紹介!【LINE画像14枚】

サラバ ユニオン

テレビで取り上げられたりしたことで、 退職代行の知名度も昔に比べるととても上がりました。 それに伴い、会社も代行会社ができること、できないことの知識をつけてきているのです。 退職代行会社は代理ではなく使者でしかないため、交渉ができません。 そのため、• 退職代行会社は認めません• 損害賠償を請求するぞ• 弁護士を通してください 以上のようなことを会社から言われた場合、対応することができなくなります。 実際にそのように対応されお金も返金されることなく終わり被害にあわれた方も多数います。 しかし、SARABAは労働組合であるため団体交渉権があります。 もし、会社が労働組合と交渉しなければ不当労働行為になります。 そもそもですが、退職代行会社が行うと非弁行為の余地があるため退職が認められず、無断欠勤扱いになる場合もあるのです。 退職代行会社を検索してみれば、中には1万円を切るような会社もあります。 できるなら費用を抑えたいところですが、実は格安サービスには罠があります。 その罠とは、オプションサービスでどんどんお金がかかってくることです。 つまり 基本料金が1万円なだけで、実際は5万円ほどの料金がかかってくるということになるのです。 初めの段階でトータルの金額を出さずに、何か動くたびに追加料金が発生するので安心できませんよね? その点、「 SARABA」では即日の実行、折り返し電話対応、営業時間対応などなど、全てコミコミで27000円となっており、追加料金が発生することはありません。 さらに、もし退職できなければ全額返金致しますので安心していただきたい思います。 しかしなんといっても、高額なことがネックになります。 弁護士費用は、事務所によりさまざまであり、中にはさらに高額な費用が掛かる場合もあります。 そのため、退職できたはいいけど高額な費用を払わなければいけないという状態に陥ってしまう可能性があります。 SARABAでは27000円で申し込んでいただければ、それ以上の費用はかかってきません。

次の

Webカタログ

サラバ ユニオン

テレビで取り上げられたりしたことで、 退職代行の知名度も昔に比べるととても上がりました。 それに伴い、会社も代行会社ができること、できないことの知識をつけてきているのです。 退職代行会社は代理ではなく使者でしかないため、交渉ができません。 そのため、• 退職代行会社は認めません• 損害賠償を請求するぞ• 弁護士を通してください 以上のようなことを会社から言われた場合、対応することができなくなります。 実際にそのように対応されお金も返金されることなく終わり被害にあわれた方も多数います。 しかし、SARABAは労働組合であるため団体交渉権があります。 もし、会社が労働組合と交渉しなければ不当労働行為になります。 そもそもですが、退職代行会社が行うと非弁行為の余地があるため退職が認められず、無断欠勤扱いになる場合もあるのです。 退職代行会社を検索してみれば、中には1万円を切るような会社もあります。 できるなら費用を抑えたいところですが、実は格安サービスには罠があります。 その罠とは、オプションサービスでどんどんお金がかかってくることです。 つまり 基本料金が1万円なだけで、実際は5万円ほどの料金がかかってくるということになるのです。 初めの段階でトータルの金額を出さずに、何か動くたびに追加料金が発生するので安心できませんよね? その点、「 SARABA」では即日の実行、折り返し電話対応、営業時間対応などなど、全てコミコミで27000円となっており、追加料金が発生することはありません。 さらに、もし退職できなければ全額返金致しますので安心していただきたい思います。 しかしなんといっても、高額なことがネックになります。 弁護士費用は、事務所によりさまざまであり、中にはさらに高額な費用が掛かる場合もあります。 そのため、退職できたはいいけど高額な費用を払わなければいけないという状態に陥ってしまう可能性があります。 SARABAでは27000円で申し込んでいただければ、それ以上の費用はかかってきません。

次の

【体験談レポート】退職代行SARABAを使ってみた実体験を紹介!【LINE画像14枚】

サラバ ユニオン

万が一失敗した場合も 全額返金保証あり!• 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!• 行政書士監修で安心して利用できる! まず、本記事で体験談を紹介するの特徴について簡単に解説します。 サラバの退職代行サービスは「利用料金の安さ」と「24時間対応してくれる点」の2つを特徴としています。 27,000円というリーズナブルな料金で24時間いつでもスピード退職できるため、現在トップクラスに利用者数が多い退職代行サービスとなっています。 退職代行SARABAについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。 fa-link関連リンク fa-link関連リンク また、時間がなくて記事全文を読む時間がない方は退職代行SARABAに早速相談してみましょう。 問い合わせ(無料相談):退職代行の利用に関する相談をLINEで行い、疑問を解消する。 申込み:サービス利用にあたって疑問や不安が解消したらサービスを利用する申込みを行う。 振込:銀行振込 or クレジットカードで支払いを実施する。 連絡を実施:事前に打ち合わせした内容通りに、退職意向を伝える連絡を実施• その後の手続き:退職連絡が完了したら、その後の手続きに関して連絡が入るので指示に従う。 【体験談レポート】退職代行SARABAの使ってみた実体験をご紹介 実際に退職代行サービスを使ってみた方について 今回、退職代行SARABAを利用した方(以下、Aさん)のプロフィールを簡単にご紹介します。 Aさんは、20代前半の男性で正社員として勤務しています。 12月1日(土曜)の正午過ぎにSARABAに相談を行い、12月3日(月曜)の朝に連絡をしてもらい、二度と会社に行くことなく退職しています。 今回AさんはLINEでお問い合わせを行っています。 Aさんは最初のメッセージで「退職代行を利用したい旨」と「退職理由」を伝えています。 SARABAからの最初の返信として自社で対応できるかどうかを確認するために「雇用形態」について質問されています。 最初の返信が12月1日が休日であるにも関わらず、わずか1分で返信が返ってきています。 サラバは正社員であることを確認すると、 急ぎの場合は「振込用紙の写メ」や「クレジット決済の支払い」をいただければ、即対応することが可能であることを伝えています。 また、SARABAの「最短で、会社が今日開いているのであれば、本日から出勤しない旨を伝えることができる」という回答に対して、Aさんは「民法では14日前に申請する必要があるのでは?」と疑問に感じており、そこに関して問題ないか確認しています。 SARABAはその疑問に対して 「14日後に退職日を設定してそれまでの期間を欠勤扱いにする」ことで問題なく対応することができると説明してAさんの疑問を解決しています。 また、有給休暇の取得については、SARABA側は交渉を行うことはできないが、消化したい旨を伝えることは可能で、それでどの会社も有給の申請に応じてもらうことが出来ると説明しています。 また、Aさんは引き続き、退職するにあたって気になっている疑問を解消していきます。 営業職だけどなにも引き継ぎをしてない状況だけど問題ないか?という質問に対して、サラバは 「引き継ぎ資料」を作成して自分で会社に送付するようにアドバイスを受けています。 Aさんはサラバのサービス内容があくまで、退職に関する連絡の仲介がメインであることを確認し、引き継ぎ資料以外にも 「退職届」や「返却物」も自分で郵送する必要があるを伝えられます。 退職届を郵送するタイミングについては、サラバから 退職の電話を入れる当日に退職届を発送することがベストであると伝えられています。 また、会社とのやりとりについて 「 退職の連絡は全てサラバが行い、万が一会社からAさんに連絡が来ても対応する必要はない」 と説明しています。 万が一、連絡拒否した場合に訴訟を起こされる可能性を心配していますが、その点についても「 今までの利用者の中で訴訟に発展し、損害賠償を支払った方はいません」とサラバから説明を受けています。 これに関して補足説明を行うと、企業側からした時に訴訟コストが重く、得られるリターンが少ないため訴訟を起こすインセンティブが働かないという背景があります。 納得をしたAさんは退職の連絡をしてほしい日時を伝え、その日から出社しなくてもいいのかを確認しています。 サラバから「希望日に対応できること、当日から出社しなくても退職できること」という回答をされています。 続けて、Aさんは「退職の日付(処理される日)」についてサラバに質問をしています。 「 規定通り2週間後」になるケースと、会社の意向で「当日付け」で処理してもらえるケースがあることを説明しています。 また、こういった場合の 「退職の扱いは自己都合になる」と説明を付け加えています。 連絡したその日に退職可能(振込用紙の写メやクレジット決済で対応)• 民法に則り、14日後に退職日を 設定してそれまで欠勤扱いにすることで即日退職ができる• 有給休暇について交渉できないが意向を伝えることはできる。 会社側は基本的に有給交渉することなく有給消化に応じてくれる。 最低限の引継ぎ資料を作成することで後腐れをなくすことができる• 引き継ぎ資料や退職届けは依頼者が会社に送付を行う• 会社から本人への連絡は基本的に来ないが、会社によっては連絡がくる。 会社から電話がかかってきた場合でも対応する必要はない• 3000名の退職実績の中で過去に 訴訟を起こされたケースはない• 退職日については、 当日付け or 民法に則り2週間後となるケースが大半である• その後、Aさんは伝えた日時通りに入金を実施し、振込用紙の写メを送りました。 入金を確認をしてもらった後にサラバからヒアリングシートが送られてきます。 全ての項目を埋めて送り返すだけで、SARABAは会社に対していつでも退職連絡できる準備が整います。 全部で16項目あるため、多いなと思うかもしれませんが、それぞれが簡単に記入できるものなので、5分も掛からず入力することが出来ます。 ヒアリングシートの内容は以下の通りです。 クレジットカードの場合は即対応可能• 時間外の振込みの場合でも振込用紙の写メで対応可能• スムーズに話を進めるために、共有できる情報は全て話しておくと退職連絡がスムーズに進みます。 退職代行が終了すると、サラバの担当者から「 会社側の誰に伝えたのか」と「 退職連絡後の状況」について説明を受けます。 Aさんの場合では、会社指定の退職届を書いて送り返す流れになっています。 面倒なやりとりをすべて退職代行SARABAが代行してくれるため、その指示通りに対応するだけなのでスムーズに退職手続きをすすめることができます。 Aさんの場合は「会社指定のフォーマットで退職届を書くこと」や「返却物を郵送すること」、「会社への要望書を作成する」の3つ主な手続きとなります。 退職届は会社からフォーマットが送付されたものを受け取り返送するカタチになるため、先に2と3を送ることをおすすめされています。 すべてのプロセスで担当者に進め方を聞きながら手続きできるため安心です。 また、退職のプロであるサラバの担当者から、送付先や進め方など、些細なことまでアドバイスしてもらえます。 サポートが充実していて、メッセージのやりとり制限がないSARABAだからこそのサービスでもあります! 最初の連絡を行ってから、 会社側から再度連絡があった旨をサラバの担当者が伝えてくれます。 Aさんの場合は「残っていた有給休暇9日間」を消化し終わる13日が退職日となることが決定しました。 「民法の規定通り2週間(14日)後」になるケースではなく会社側が早く対応してくれるケースになっています。 退職連絡に関する報告:会社側のだれに伝えたのか、会社側の反応を報告してもらえる• その後の手続:会社に対して送付、返却するものをまとめて教えてくれる。 有給休暇の消化:残っていた有給9日間をすべて消化することができた。 退職日について:9日間の有給休暇を消化後に退職日が決定しています。 編集部でSARABAを実際に使ってみた体験談 上記で紹介したのはあくまで1例に過ぎません。 退職代行プロ編集部でも実際にSARABAを利用することで、毎回丁寧に素早く対応をしてもらえるのかを確かめてみました。 最初の連絡を入れたのは18時です。 メッセージを送信し、一度スマホの画面を閉じようとしたときすぐに既読がつき返信が返ってきました。 かかった時間はほんの30秒程度です。 その後も深夜24時、深夜4時と続けてやり取りをしているのですがどれも数分で返答が返ってきます。 退職代行プロでは、自信をもって読者の皆さんに業者をおすすめできるように、実際に多くの退職代行業者に連絡を行っています。 連絡を行ったことがある退職代行業者の中で、深夜4時台でも即座に返答があったのはSARABAのみでした。 深夜も可能な限り対応している業者は多数ありますが、完全24時間対応の業者はSARABAくらいでしょう。 いつ、だれが、どのような内容を送ったとしてもわかりやすく、スピーディに対応してくれる業者であるということがハッキリとわかりました。 以上、退職代行サラバを実際に利用した方のLINE画像をもとに、利用の流れを解説しました。 どんな連絡をするのかわからず不安だった方も多いのではないでしょうか? 一連の退職代行で繰り広げられる「実際のやり取り」を見てわかるように、親身にすばやく返信が来ていて、退職のプロである退職代行業者の担当者とやり取りしているだけで退職手続きがすばやく、カンタンに進んでいきます。 退職代行の利用に迷っていた方もどんなやり取りをするのがイメージすることが出来たと思います。 早速、退職代行SARABAを利用してみたい方は下記からお問い合わせすることができます。

次の