うさおドロップ。 うさぎドロップ : 作品情報

うさぎドロップ : 作品情報

うさおドロップ

概要 による。 雑誌「」()にて連載された。 は、7月から9月までの枠のほか、、、にて放送された。 全11話。 テレビ西日本は隔週水曜深夜に2話ずつ放送し、最終週は最後の3話を一挙放送。 1か月遅れてでも放送されたほか、1クール遅れてでも放送された。 アニメーション制作は。 より、松山ケンイチと芦田愛菜の共演でも公開された。 監督はSABU。 前半は原作重視、後半は林民夫のアイデアによるドラマチックな展開になっている。 配給元はショウゲート。 映画の製作委員会には博報堂DYパートナーズ、関西テレビ、東海テレビ、テレビ西日本、Yahoo! JAPAN、朝日新聞社などが名を連ねる。 ストーリー 30歳・の は、ので見知らぬ1人のと出会う。 その少女・ は、なんと祖父の隠し子であった。 達の責任を押しつけ合う話し合いを見兼ねた大吉は、自分がりんを引き取ると宣言する。 こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まった。

次の

巨人ダンジョン10Fドロップ率

うさおドロップ

こんにちは。 いつものメンバーで話している。 コウキはまだ後期試験が残っている。 夏休みには集まろうと言って別れる。 帰り道。 コウキとりん。 今までのことを振り返るふたり。 コ『オレ ダイキチのこともあるし、りんのそばにいてヘンなのが寄って来ないように見張っとこうと思ってたけど モテなかったよなーりんは!安原以来ぜんぜんだもんなー』 り『ハハハ・・・目つきの悪いのが横にいるからじゃないかなー。 コウキは案外モテるんだけどねえ。 続かないよねえ』 コ『まあなー』 りんの家の前。 コ『オレは夏休みにはりんが腰抜かすぐらいかわいい彼女連れてくるからさー。 楽しみにしてろよー。 結果出たら連絡する!!』 り『うん!』 手を振って別れるふたり。 ダイキチが帰ってきたのに気付き、りんは玄関までかけていく。 り『おかえりー』 ダ『ただいま・・・』 視線を交わすふたり。 り『お待たせー卒業したー!!』 ダイキチに抱きつくりん。 ダ『べっべつに待ってねーよ!!!』 り『あっそうだ・・・!ダイキチがオッケーしてくれるかどうかはまだ分かんないんだった!!』 ダ『ハハ・・・』 苦笑いするダイキチ。 ダ『まあ俺にはりんのこと拒むとか絶対無理なんだけどさー。 それは最初っからわかってたんだけどさー・・・』 り『え・・・じゃあわたしなんで2年も・・・?だいたい2年前にダイキチがああいう風に言ったから、わたし彼氏も作らずに卒業まで過ごしたんだよ!麗奈なんか横でいちゃいちゃいちゃいちゃしてるのにさー!』 ダ『それは明らかに逆ギレだろ・・・。 俺・・・彼氏ほしくなったらいつでも忘れろって言ったよな』 り『うん・・・そうだね・・・。 でもほしくなかったからね』 笑うりん。 ダイキチが部屋着に着替える。 ダ『あのさ・・・俺にだって親心はあるんだ・・・。 相手が40過ぎのおっさんなんだからそいつを簡単に許すわけにはいきません!それに・・・なんていうか、言い寄られて仕方なく若い子と一緒になりましたみたいなポーズ、りんには絶対したくないんだよ・・・。 そのためにも時間はほしかった』 り『えー・・・ちょっとめんどくさい・・・;』 ダ『!!!だいじなことです!!』 り『わたしはそんなのどっちでもいいのに』 ダ『俺がやだよ。 んー・・・こっからはちょっと俺の立場的にフクザツな話になるけど・・・おまえはどこに出してもはずかしくない・・・娘だ・・・。 つーか・・・高嶺の 花だよ・・・』 赤くなるりん。 り『じゃあ両想いだねー。 わたしもダイキチ高嶺の花だよー』 無邪気に笑う。 ダイキチがりんの隣に座る。 少しの沈黙。 ダ『じゃ・・・結婚しよっか・・・』 幸せそうに頷くりん。 ダ『いずれ』 り『いずれーーー!?』 ダ『いずれでいいじゃん!まだガキのくせに!!』 不満げなりん。 り『えー結婚したほうが楽だと思うよー。 世間的に。 ていうか別に高校のときでも結婚できたのにねえ』 ダ『あのなぁああああ・・・』 夕食時。 ダイキチは『母ちゃんになんて言えばいいんだ』とうろたえている。 無邪気に笑っているりん。 寝室で。 何年ぶりかにふたりの部屋の間にある戸を開けて寝ることにする。 ふたりでテレビを見ながら話す。 ダ『ほんとに他にいなかったのかよ・・・』 り『うん。 ダイキチ走るの速いし』 ダ『小学生かよ!!つーかもう・・・そんな早く走れねえよ・・・』 微笑むりん。 り『ダイキチはね、わたしが将来こども産んだらちゃんと一緒に育ててくれるってこともわかってるから・・・わたし、そういうひとがいいの』 ダ『こども・・・おまえが・・・こどもを・・・』 り『うん。 こども産みたい。 ダイキチの』 ダ『・・・』 り『そしたらね、絶対その子のことを幸せにするの。 わたしみたいにね。 』 見つめ合うふたり。 ダイキチが視線をそらす。 り『あ ダイキチ泣いたー』 笑うりん。

次の

うさぎドロップ (うさぎどろっぷ)とは【ピクシブ百科事典】

うさおドロップ

こんにちは。 いつものメンバーで話している。 コウキはまだ後期試験が残っている。 夏休みには集まろうと言って別れる。 帰り道。 コウキとりん。 今までのことを振り返るふたり。 コ『オレ ダイキチのこともあるし、りんのそばにいてヘンなのが寄って来ないように見張っとこうと思ってたけど モテなかったよなーりんは!安原以来ぜんぜんだもんなー』 り『ハハハ・・・目つきの悪いのが横にいるからじゃないかなー。 コウキは案外モテるんだけどねえ。 続かないよねえ』 コ『まあなー』 りんの家の前。 コ『オレは夏休みにはりんが腰抜かすぐらいかわいい彼女連れてくるからさー。 楽しみにしてろよー。 結果出たら連絡する!!』 り『うん!』 手を振って別れるふたり。 ダイキチが帰ってきたのに気付き、りんは玄関までかけていく。 り『おかえりー』 ダ『ただいま・・・』 視線を交わすふたり。 り『お待たせー卒業したー!!』 ダイキチに抱きつくりん。 ダ『べっべつに待ってねーよ!!!』 り『あっそうだ・・・!ダイキチがオッケーしてくれるかどうかはまだ分かんないんだった!!』 ダ『ハハ・・・』 苦笑いするダイキチ。 ダ『まあ俺にはりんのこと拒むとか絶対無理なんだけどさー。 それは最初っからわかってたんだけどさー・・・』 り『え・・・じゃあわたしなんで2年も・・・?だいたい2年前にダイキチがああいう風に言ったから、わたし彼氏も作らずに卒業まで過ごしたんだよ!麗奈なんか横でいちゃいちゃいちゃいちゃしてるのにさー!』 ダ『それは明らかに逆ギレだろ・・・。 俺・・・彼氏ほしくなったらいつでも忘れろって言ったよな』 り『うん・・・そうだね・・・。 でもほしくなかったからね』 笑うりん。 ダイキチが部屋着に着替える。 ダ『あのさ・・・俺にだって親心はあるんだ・・・。 相手が40過ぎのおっさんなんだからそいつを簡単に許すわけにはいきません!それに・・・なんていうか、言い寄られて仕方なく若い子と一緒になりましたみたいなポーズ、りんには絶対したくないんだよ・・・。 そのためにも時間はほしかった』 り『えー・・・ちょっとめんどくさい・・・;』 ダ『!!!だいじなことです!!』 り『わたしはそんなのどっちでもいいのに』 ダ『俺がやだよ。 んー・・・こっからはちょっと俺の立場的にフクザツな話になるけど・・・おまえはどこに出してもはずかしくない・・・娘だ・・・。 つーか・・・高嶺の 花だよ・・・』 赤くなるりん。 り『じゃあ両想いだねー。 わたしもダイキチ高嶺の花だよー』 無邪気に笑う。 ダイキチがりんの隣に座る。 少しの沈黙。 ダ『じゃ・・・結婚しよっか・・・』 幸せそうに頷くりん。 ダ『いずれ』 り『いずれーーー!?』 ダ『いずれでいいじゃん!まだガキのくせに!!』 不満げなりん。 り『えー結婚したほうが楽だと思うよー。 世間的に。 ていうか別に高校のときでも結婚できたのにねえ』 ダ『あのなぁああああ・・・』 夕食時。 ダイキチは『母ちゃんになんて言えばいいんだ』とうろたえている。 無邪気に笑っているりん。 寝室で。 何年ぶりかにふたりの部屋の間にある戸を開けて寝ることにする。 ふたりでテレビを見ながら話す。 ダ『ほんとに他にいなかったのかよ・・・』 り『うん。 ダイキチ走るの速いし』 ダ『小学生かよ!!つーかもう・・・そんな早く走れねえよ・・・』 微笑むりん。 り『ダイキチはね、わたしが将来こども産んだらちゃんと一緒に育ててくれるってこともわかってるから・・・わたし、そういうひとがいいの』 ダ『こども・・・おまえが・・・こどもを・・・』 り『うん。 こども産みたい。 ダイキチの』 ダ『・・・』 り『そしたらね、絶対その子のことを幸せにするの。 わたしみたいにね。 』 見つめ合うふたり。 ダイキチが視線をそらす。 り『あ ダイキチ泣いたー』 笑うりん。

次の